【i5搭載】激安(1万円以下)中古ノートパソコンを購入!今でも全然使える超コスパPC!!

中古ノートPC購入キャッチ画像PC関連
この記事は約6分で読めます。

もしもの時のサブ機として、メインPC作業中の調べもの用PCとして最新じゃなくてもまだ数年使えそうなソコソコ使えるパソコンってないかなーと以前から模索していました。

 

さすがにサブ機に5万、10万使える程余裕はないので、中古で程度の良い物を探していたのですが、安めのノートパソコンだとCPUがセレロンかとてつもなく古いモデル、もしくはジャンク品などが大半で、諦めかけていました。

 

メインが13.3インチのモバイルノートなので、15インチ以上で最低でもi3搭載ぐらいが希望でした。

コスパが高い高性能モバイルノートENVY 13 x360を購入したので簡潔にレビュー!
パソコンはスペックを追い求めればキリがないので、新品で13インチ前後、税込み10万未満、メインで使いたいのでスペックはそこそこという条件で絞り込んでみました。CPUがCeleron搭載のものは比較的安価で買えるのですが、さすがにCore i5でメモリ8GBくらいのものを探すと、予算オーバーになってしまいます。

そんな要望を上回るi5搭載中古ノートPCが1万円以下で販売しているの発見!数量限定だったのもあり、気が付いたら注文を入れていました。

 

そんなつい魔が差して購入してしまった中古ノートパソコンのご紹介です。

スポンサーリンク

15.6インチのi5搭載ノートパソコンが税込9,800円!

購入したのは東芝製の「dynabook Satellite B554/L」というモデルです。

この価格を聞いて大抵の人が『どうせボロボロのジャンク品でしょ?』と思われたかも知れません。

 

いえいえ、自分で5,6年使ったパソコンより、見た目も全然綺麗でした。

私も最初は半信半疑だったのですが、まずは付属品も含めた本体画像を見て頂きたい。

 

激安i5搭載中古ノート外観1

どうですか?外観は結構綺麗ですよね。

 

激安i5搭載中古ノート外観2

さすがにキーボードは使用感がありますが、全然昔私が使用していたPCより程度が良いです。

 

税込9,800円と書きましたが、ベース価格ですとメモリとストレージは付属しません。

カスタムでの注文となる為、もし商品到着後すぐに使いたい場合はオプションでメモリ(+1,000円~)やHDD(+1,000円~)を追加するか、別途準備しておく必要があります。

 

メモリは「PC3L-12800」対応のSDRAMでしたが、モジュール規格やメモリ交換等よく分からない方は、最初からオプションで注文した方が無難かも知れません。

 

ストレージはHDD/SSDとも選択可能ですが、こちらは注文しないと本体にOS(なんとWindows10 Pro版)が付属しないので、オプション料金が掛かっても何かしらストレージは注文した方が断然お得です。

この東芝製のノートPCは、メモリやHDD交換はかなり簡単に出来る部類です。私は320GBのHDD(+2,000円)のみを注文し、別途余っていたメモリを使用しSSDに換装しました。
元々ビジネス用PCなので、Windows10 Proなのだと思います。

激安中古ノートPCのスペック

以前壊れてしまったノートPCも東芝製で、それに搭載していた256GBのSSDを有効活用したかったので、何となく同一メーカーで良かったです。

 

このPCのスペックを載せても、同一の取り扱いは現在無いかも知れませんが、このレベルが9,800円で手に入るという程度に見て頂ければと思います。

【購入したdynabook Satellite B554の主要スペック】
OSWindows 10 Pro(HDD/SSD購入で付属)
CPUCore i5-4200M(2.50GHz ターボ・ブースト時最大3.10GHz)
メモリPC3L-12800 SDRAM 最大16GB(購入時無し選択可) ※私は別途4GB装着
ディスプレイ15.6型HD TFTカラー LED液晶(1,366×768ドット)
GPUインテル® HD グラフィックス 4600(CPU内蔵 メインメモリと共用)
HDD/SSD(購入時無し選択可) ※私は320GB HDDを選択
光学ドライブDVD-ROMドライブ
LAN1000Base-T/100Base-TX/10Base-T
無線LAN無し

メモリーは現在4GB装着ですが、余裕が出たら8GBか16GBへアップするかも知れません。

 

次はインターフェイス周りのデバイスは写真で確認して行きましょう。

 

激安i5搭載中古ノートインターフェース1

本体右側面は左からDVD-ROMドライブ、USB-A(2.0)端子×2、LAN(RJ45)ポート×1、電源入力端子となっています。

ちなみにこのモデルはオプションでDVDスーパーマルチドライブなどにグレードを上げる事も可能でした。

 

激安i5搭載中古ノートインターフェース2

本体左側面は左からHDMI出力端子、RGB出力端子、eSATA(USB2.0共用)、USB-A(3.0)端子×2、3.5mmΦステレオミニジャックとなっています。

 

激安i5搭載中古ノートインターフェース3

そして本体手前側の側面にSDカードスロットがあります。

さすがビジネス用というだけあって、外部モニターへの出力は充実していると思いました。

ただ本体液晶ディスプレイはフルHDの画面に見慣れてしまった現在としては、HDでも画質が粗いと感じてしまいます。

激安ノートパソコンのベンチマーク

定番のCINEBENCH R15を使って、ベンチマークテストをしてみました。

 

激安i5搭載中古ノート_cinebench計測

まぁ決して最新のパソコンやゲーミングノートなどと比べるにも値しませんが、Core i5のMシリーズ(低電圧版のUではない)だけあってそこそこの数値を出していると思います。

3Dゲームや動画編集などの重い処理はさすがに厳しいですが、普段使いなら今でも問題なく使用できるレベルではないでしょうか。

換装したSSDの読書速度テスト

こちらも有名なCrystalDiskMarkを使って、読書速度を計測してみたいと思います。

 

激安i5搭載中古ノート_SSDスピードテスト

M.2 SSD」程の速度は出ませんが、SATAⅢのSSDでも十分な速度だと思います。

 

CrystalDiskInfoの情報です。

激安i5搭載中古ノート_SSD情報

換装したSSDはTranscend製の256GBです。

随分前に購入したものですが、Amazonで結構安く売っていたのでポチった記憶です。

 

こちらは当時私が買ったモデルではないですが、SATAのSSDって今かなり安くなっているんですね。

有線LANのスピードテスト

有線LANポートがあるので、USENのインターネット回線スピードテストを使って計測してみました。

 

激安i5搭載中古ノート_インターネットスピードテスト

早朝での計測だったので、爆速でした。

有線LANも問題なく使えそうで安心しました。

まとめ

中古のパソコンって購入するのに勇気がいりますが、今回これだけ充実している中古ノートが9,800円(実質オプションで+2,000円)で購入出来たのは大正解でした。

 

このパソコンも恐らく官公庁や企業などが一斉導入したPCが、リース切れで市場に出回ったものだと思われますが、やはりそういったリース切れの中古ビジネスパソコンは失敗のリスクは少ないかも知れません。

使用している人により多少個体差はあると思いますが、個人使用よりは比較的綺麗なものが多い印象です。

 

ソコソコ使える安いサブ機が欲しい、パソコンが壊れたので取り敢えずPCが必要、少ない予算で事務所に複数台置きたいなどスペックをそこまで求めないなら、一つの選択肢かと思います。

 

こちらのリンクはご紹介した商品とは異なりますが、今回購入した楽天市場のショップでは定期的にカスタム品を売り出しているので、チェックしてみて下さい。

また安い中古PCをお探しの方はジャンクワールドデジタルドラゴンなどを利用してみるのも良いかも知れません。