長らく待たされ、突然発売されたiPod touch 7を思わず購入!

iPod-touch-7TOPタイトルガジェット
この記事は約9分で読めます。

長らく待ち焦がれたiPod touch 7(第7世代)がこっそりと5月28日に発売が発表されました。

ここ最近のAppleはいわゆるサイレントアップデートがトレンドなのでしょうか?

 

何はともあれ思わず購入してしまった訳ですが、色々な噂に翻弄されながら、約2年間も発売を待ち望んでいた私にとっては長い年月でした。

 

iPod touchは第5世代を持っているのですが、第6世代が発売された当時では動作は遅いながらまだ使えていたので、購入は見送っていました。

ですがさすがに購入から5年程経った頃からバッテリーはほぼ死んだ状態で、ブラウジングすらストレスを感じる様になってしまった為、常に充電しながらオーディオにつないで音楽を聴く以外、使い物にならない状態でした。

 

最近の噂では、大画面でゲーム機専用になるとか、touch IDやFace IDに対応するとか、ホームボタンが廃止されるなどユーザの妄想がどんどん膨らんでいましたが、全く予想とは違うものでした。

簡単に言ってしまえば、iPod touch 6のCPUとRAMが少しだけグレードアップされ、ストレージのラインナップが変更になったくらいです。

 

比較の表などは後述しますが、全体・画面サイズや重量、コネクタ類などは、iPod touch 5からほぼ変更はありません。

iPod touch loop(ストラップみたいな物)を取付けるパーツは第6世代から廃止になっています。

それでは商品が無事到着したので、開封して行きましょう。

Apple Store以外での購入では市場に旧モデルが混在している為、注意して下さい!
スポンサーリンク

iPod touch 7をいざ開封

購入した時の醍醐味と言えば、やっぱり開封ですよね。

早速同封の物やiPod touch 5との外観などの違いを見てみましょう。

 

iPod-touch-7ケース外観1

箱から出したばかりで、ケースに薄いシールカバーが巻かれています。

 

iPod-touch-7ケース外観2

シールカバーを外すと、iPod touch名物のアイコンシールが見えます。

 

iPod-touch-7ケース外観3

ケースを開封する為のシールが上部に付いていますので、剥がしてから開けます。

 

iPod-touch-7ケース外観4

下部には型番やシリアルなどが明記されています。

ちなみに今回購入したiPod touch 7は32GBのゴールドです。

 

iPod-touch-7同封付属品

同封の付属品になります。

  • iPod touch(第7世代)ゴールド 32GB 本体
  • Apple EarPods (有線)
  • Lightning – USBケーブル
  • クイックスタートガイド

 

Apple製品全般に言えることですが、詳しい説明書などはありません。何気にリンゴシールが同封されています。

Lightningケーブルと有線のEarPodsが付属されていますが、電源アダプタはありません。iPod touch 5の時には確か同封されていたような…。

 

iPod-touch-7本体外観表

本体外観の表側です。

 

iPod-touch-7本体外観裏

本体外観の裏側。

 

せっかく新iPod touchを購入したので別途強化ガラスとケースも購入しました。

iPod-touch-7強化ガラスフィルム1

購入した強化ガラスフィルム。

 

iPod-touch-7強化ガラスフィルム2

裏面に取付方法が明記されています。

シールタイプの物よりは失敗が少なく、より頑丈に保護できると思います。

実は微妙な向きのズレと埃が気になって、何回かやり直したのは内緒です。

フィルムは一発勝負ですが、ガラスは再度剥がして付け直すことも一応可能です。しかしあまりやると破損したり装着が甘くなる恐れがあるので、出来れば1,2回で決めましょう。再利用の注意は上図にも書かれています。

メーカー希望小売価格が3,980円となっていますが、アマゾンで600円くらいでした。

 

iPod-touch-7用カバーケース箱

ケースカバーの空箱。

バックがハードなプラスティック素材でフレーム部分がソフトなTPUという作りのカバーです。

以前使っていたソフトカバーは音量スイッチや電源ボタンが押し辛かったのですが、こちらはそういった不満もありませんでした。

 

iPod-touch-7ガラスカバー装着表

ケースカバーと強化ガラス装着時の表側外観。

 

iPod-touch-7ガラスカバー装着裏

ケースカバー装着時の裏側外観。

ゴールドとちょっと合わなかったかも。ピンクゴールドのカバーにすれば良かったとちょっと後悔。

まぁ若干重くなってしまいましたが、よく落っことすので完璧ではないですが、ひとまず安心です。

旧iPod touchとの比較

iPod touchの第5世代からほぼサイズや重量など変更ありませんが、進化の過程を比較をしてみたいと思います。

iPod touch第5世代、第6世代、第7世代の比較表
iPod touch 7iPod touch 6iPod touch 5
CPUApple A10 Fusion
(64ビット 1.6GHz)
Apple A8
(64ビット 1.1GHz)
Apple A5
(32ビット 800MHz)
メモリ2GB (未発表)1GB512MB
ストレージ32GB / 128GB / 256GB16GB / 32GB / 64GB /128GB16GB / 32GB / 64GB
ディスプレイ4インチ Retinaディスプレイ
1,136 × 640ピクセル
326ppi
背面カメラ8Mピクセル F値2.45Mピクセル F値2.4
ビデオ撮影1080p HDビデオ (30fps)
スローモーションビデオ対応 (120fps)
1080p HDビデオ (30fps)
前面カメラ1.2Mピクセル
720p HDビデオ (30fps)
ワイヤレスWi-Fi : 802.11 a/b/g/n/ac
Blutooth : 4.1
Wi-Fi : 802.11 a/b/g/n
Blutooth : 4.0
カラーシルバー
スペースグレイ
ゴールド
ピンク
ブルー
レッド
シルバー
ブラック
イエロー
ピンク
ブルー
レッド
サイズ高さ : 123.4mm
幅 : 58.6mm
厚さ : 6.1mm
重量88g
バッテリー音楽再生時間 : 最大40時間
ビデオ再生時間 : 最大8時間

第5世代から第6世代では全体的にパワーアップした感じですが、第7世代では主にCPUなどの処理速度に関わる部分以外は、あまり変化がない印象です。

第5世代から比べると物凄い進化ですが、前モデルからだとラインナップ的にストレージ容量が16GBと64GBが廃止され、256GBが追加になった所でしょうか。

やはりこうして見ると第5世代は、現在の環境では話にならないのだけは分かります。

 

新旧iPod-touch比較1

こちらはiPod touch第5世代とiPod touch第7世代の比較画像です。

 

新旧iPod-touch比較2

コネクタ部分のアップです。iPod touch loop取付け部分以外は、全く一緒です。

デザインは第5世代で大きく変更になりましたが、それ以降見た目は変りませんね。

最新のiPhoneには全く太刀打ち出来ませんが、性能アップしながら88gという重量を維持しているのは正直すごいなという感想です。

使ってみた感想

これはもう第5世代とは比較にならないくらい違います。

ブラウジングにしてもゲームにしても全くストレスを感じません。

アプリの立ち上がりや再起動のスピードは段違いです。

まぁiPhoneを定期的にアップして使っている人には、当たり前な動作だと思いますが…

どんな人向きか

熱狂的なApple信者の方であれば、新商品が出れば購入する場合も多いかも知れません。

そういった方でない限りiPod touchは、Androidユーザに良いのではと思います。

 

最近はAndroid端末もOSも性能が上がり、iPhoneと遜色ない動作になっています。

またiPhoneと比べ、スペックもそこそこながら低価格なモデルも多い為、高額なiPhoneから乗り換えている人もいると思います。

スマホ料金も高い為「SIMフリー低価格Android端末 + MVNO」というパターンが増えてきていますからね。

昔iPhone使ってたけど今はAndroid端末で、やっぱりiOSも使ってみたいなという方にピッタリかなと勝手に思っています。

 

Android端末をテザリングして、iPod touchからもインターネット出来ますので。

今はiPhoneのバッテリを気にしてiPod touchとの2台持ちしなくても、大容量モバイルバッテリが充実しているので、わざわざiPhone(iPhone7以降)よりスペックが落ちるiPod touchを持つメリットが見出せません。

容量はそれほど多くないですが、モバイルバッテリの記事は下記をどうぞ。

モバイルバッテリーを買ってみたので、早速レビューしてみます。
スマートフォンやタブレットをはじめ、最近の電子機器は何かとバッテリーで動作するものがとても多くなりました。常に持ち歩くスマートフォンについてはバッテリー切れは絶対避けたい事だと思います。

 

あと挙げるとすれば「男ならガラケーだー!」という人にも、良いかなと思います。

出来れば自宅にWiFi環境があるのが理想です。外でも使いたいのであれば、データ通信のみの安価なプランで、モバイルルータを持ち歩くという事で解決できます。

このように電話とインターネットを分けたいという方にも、価格的に始めやすいと考えています。

まとめ

iPod nanoiPod shuffleが廃止され、新作のiPod touchはもう販売されないんじゃないかというような不安の中、突然のiPod touch 7の発表に意表を突かれた人も多いと思います。

私の様にiPod touch第5世代からの買い替えは少ないかも知れませんが、第6世代でもそろそろバッテリーがヤバい事になっていると思います。

 

スペックの問題だけでなく、バッテリーがヘタったら使い物にならないというのが最近多すぎます。

発売前に流れていた様々な噂程のスペックではなかったiPod touch第7世代ですが、第6世代を持っている人もバッテリー交換するくらいなら、購入を視野に入れた方が良いかも知れません。

 

今回のiPod touch 7の魅力は何といっても、32GBのストレージならば、21,800円 (税別)という価格ではないでしょうか。

最新鋭のiPhoneからは随分とスペックは落ちてしまいますが、この価格で新品のIOS端末が手に入るというのはとてもお買い得だと感じています。

スペック的にはiPhone7と同等ですが、バッテリー容量の関係上、CPUのクロック周波数が低めで消費電力を抑えている為、処理性能的にはiPhone7とiPhoneSEの中間ぐらいかなと考えています。

iPod touch自体はサブ的な端末ですし、個人的には256GBのストレージは必要ないと思います。すごく高くなってしまうので。

このiPod touch第7世代が何年戦えるのか分かりませんが、32GBの限界まで使っていきたいと思います。

Apple Store以外での購入では市場に旧モデルが混在している為、注意して下さい!