【Cocoon設定】楽天APIを利用する為の楽天アプリケーションID取得とアプリ登録について

楽天API利用方法キャッチ画像Web関連
この記事は約4分で読めます。

当サイトではお勧めしたい商品をご紹介する際に、WordPressプラグインのRinkerや使用しているテーマのCocoonにある機能でAmazonや楽天、Yahooなどにある商品のリンクを作成しています。

それらのツールを利用した商品紹介では、大手サイバーモール各社が提供するAPIの各種IDを取得する必要があります。

 

その際Cocoonにおいて楽天商品メインでリンクを作成する場合に、楽天アフィリエイトIDだけでなく楽天アプリケーションIDの設定も必要となります。

Cocoonの機能で商品リンクを作成する方法は、直接楽天市場の該当商品ページからブックマークレットなどを使用しショートコードを作成します。

その為、この方法で作成した楽天商品リンクはもしもアフィリエイト」経由にはならず、本家楽天のアフィリエイトを利用した方法となっています。

 

プラグインのRinkerでは、楽天アプリケーションIDの設定はなく、管理画面から楽天商品を検索してリンクを作成するので、もしもアフィリエイト経由でのリンクを作成する事が可能です。

以前Amazonの「PA-API V5」への移行手順を取り上げた際に、楽天の設定も気になったので、備忘録として記事にしておきたいと思います。

Amazonの『PA-API V5』への移行手順と設定変更をまとめ!【Rinker・Cocoon対応】
AmazonのProduct Advertising APIが2020年3月9日より、v4からv5へ完全移行されます。今回はPA-API v5の移行手順(図解)について以前紹介したWordPressプラグインの「Rinker」、無料のテーマ「Cocoon」の設定を中心に解説していきます。

楽天APIが利用可能になるまでの流れ

楽天会員登録済みという前提で話を進めます。

私の場合は楽天銀行を開設したタイミングで、楽天会員登録していました。

もし楽天会員になっていない方は、無料で登録できますので、事前にアカウントを作成しておいて下さい。

楽天アフィリエイトIDの確認について

RinkerでもCocoonでも設定が必要となる項目です。

名前が似ているのでややこしいですが、楽天アフィリエイトIDは楽天会員であれば「楽天アフィリエイトID確認ページ」からIDを確認する事が可能です。

 

Rinkerの設定については下記を参考にして下さい。

Amazon、楽天の商品リンク管理なら『Rinker』プラグインが最強!【導入から設定まで】
ブログを運営していて、Amazonや楽天の商品を手軽に紹介したいと思ったことはないですか?以前は一つの商品を紹介するのに色々な作業が必要となり、その手間と時間はかなり面倒臭いもので、しかもそれらの商品リンクを管理するのも大変でした。

楽天アプリケーションIDの取得方法

ここからが今回のメインとなります。

楽天アプリケーションIDを発行するには、アプリ登録という設定が必要となります。

図解を用いて手順を説明していきます。

 

Rakuten Developers」のページにアクセスし、右上のログインボタンから楽天会員に登録したのアカウント(メールアドレス)とパスワードでログインします。

RakutenDevelopersTOP

ログインしたら「アプリ情報の確認」をクリックしてみて下さい。

 

アプリ未取得とアプリID発行

初めてアプリ登録を行う場合は、上記画像の様になっているかと思いますので「アプリID発行」リンクを押して、アプリ登録を行います。

 

新規アプリ登録1

そうすると上図の様に新規アプリ登録の画面になったと思いますので、スクロールしてフォームに必要事項を入力します。

 

新規アプリ登録2

アプリ名」「アプリURL」の箇所には、APIを利用したいサイト名とサイトURLの入力で問題ありません。

※ 「アプリ名」は最大30文字、「アプリURL」は最大255文字となっています。

 

CocoonでAPIを利用する分には、詳細情報内の入力は不要です。

楽天APIのきっかけアンケート項目にチェックを付け、認証用の画像に表示された数字を入力します。

最後に「規約に同意して新規アプリを作成」ボタンをクリックしてアプリ登録完了です。

新規アプリ登録3

登録が完了したら再度アプリ一覧を確認してみましょう。

 

楽天デベロッパーID確認

アプリID/デベロッパーID」の項目が楽天アプリケーションIDとなります。

このページでは楽天アフィリエイトIDも確認が可能となっています。

※ 「application_secret」項目はCocoonの設定に必要ありません。

Cocoonの楽天API設定

PA-API-v5-Cocoon設定1

管理画面の「Cocoon設定」メニューよりAPIタブを選択します。

 

Cocoon楽天API設定

楽天の項目にある楽天アプリケーションID、楽天アフィリエイトIDに先程発行・確認した値を入力します。

名前が似ているので、間違いのない様入力して下さい。

その他設定入力が完了したら「変更をまとめて保存」を押すのを忘れないようにお願いします。

 

楽天商品リンク設定全般は、下記Cocoon公式サイトを参考にしてみて下さい。

楽天商品リンクの初期設定方法と使い方
楽天商品リンク機能を利用するには、事前準備が必要です。特に、「楽天アプリケーションID」と「楽天アフィリエイトID」は必須となります。加えて、楽天商品の商品番号の取得方法の紹介です。

まとめ

紹介したい商品がAmazonに取り扱いがなく、楽天市場の商品へリンクを張りたいという場合も少なくないかも知れません。

WordPressの使用テーマがCocoonの場合には、今回の記事を参考にして頂けたら幸いです。

 

Cocoonは無料でありながら、機能が日々進化している素晴らしいWordPressテーマです。

商品リンク作成機能以外も色々便利な要素があるので、Cocoonを使った事がない方がいらっしゃれば、是非一度試して見ては如何でしょうか。